【詳細データテスト】アウディQ4 e-トロン 洗練の走り 中庸な動力性能 物足りないプレミアム感

公開 : 2021.07.17 20:25  更新 : 2021.07.23 23:23

操舵/安定性 ★★★★★★★★☆☆

アウディがQ4 e-トロンに用意したサスペンションは3種類あるが、いずれも車高調整機能のないスティールスプリングを用いる。エントリーグレードは、パッシブダンパーのコンフォート仕様で、中間グレードはそれより硬いローダウン仕様。トップエンドのヴォルスプラングは、アダプティブダンパーを装着する。

しかし、テスト車はそれら標準装備のいずれにも当てはまらない。装備されていたのは、オプション設定されるアダプティブダンパーだ。

室内の広さや航続距離、充電性能といった実用性や洗練された走り、運転しやすさ、予測しやすさといった、ファミリーユースの適正に期待してQ4に乗ると、乗り心地は硬めに思える。
室内の広さや航続距離、充電性能といった実用性や洗練された走り、運転しやすさ、予測しやすさといった、ファミリーユースの適正に期待してQ4に乗ると、乗り心地は硬めに思える。    OLGUN KORDAL

ハンドリングは守備範囲が広く、どこまでも安心感がありコントロールされた、ややよそよそしさも感じる、ほどほどに硬い乗り心地の、いかにもドイツ車らしいテイスト。最新のアウディにわれわれが期待するとおりだと言ってもいい。

後輪駆動シャシーであっても、明らかにインゴルシュタットは、中級マーケットのファミリーカーにおける運動性のチューニングの方向性も、ユーザーの好みの見極めも変えていない。果たして彼らが、前後どちらが駆動輪か知らないか、もしくは気にしないかはまだわからないのだが。

アウディにしてみれば、それより重要なのはQ4をイージードライブなクルマに仕上げることだ。安定した、度を越さず正確なレスポンス、著しく直感的なコントロール性といったものを備えるクルマにすることで、おおむねそうなっている。

ステアリングはほどほどのギア比設定で、初期レスポンスは穏やかだが、切るほどに速さを増していく。手応えは、走行モードに応じて変化するが、重すぎることは決してない。手元に伝わるフィードバックも、それほど多くはないのだが。

ボディコントロールは、中型SUVとしてはなかなか優秀。グリップレベルはやや高めで、飛ばすのにも十分。しかし、乗り心地は思ったより硬いと感じるかもしれないが、アグレッシブなダンピングではない。コンフォートモードならば、不正路面を低速で走る際にもしなやかだ。

もちろん、2t級の背が高いクルマに、横方向のボディの動きはつきものだ。思いのほか高く座らされ、バッテリーは予想したロール軸より低く搭載されるので、ピッチも頭の上下動も穏やかに感じられ、小さな動きにも気づける。

ただしアウディらしく、クルマ自身が適切に一貫したコントロールと挙動を示す。ただし、それほど熱い走りは期待できない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×