MINI Coupéハンティング大作戦がモバイル広告大賞グランプリを受賞

2012.06.05

ミニのスマートフィン・アプリを使用した一般参加型バーチャル・ゲーム「MINI Coupéハンティング大作戦」が、第11回モバイル広告大賞においてグランプリ、マーケティング部門「ベストキャンペーン」、「ベストブランディング」の3賞を受賞した。

モバイル広告大賞は、2002年より、モバイルを活用した広告・マーケティング活動の健全な発展と普及を目的として開催されている広告賞。モバイルに特化したアワードとしては最も歴史があり、モバイル広告・マーケティングの「いま」と「可能性」を広く伝えてきている。今回の「モバイル広告大賞」のテーマは「+Mobile(プラスモバイル)」であり、統合型マーケティングが主流となっている昨今、モバイルをプラスすることの意義、成果を改めて追及していた。

第11回モバイル広告大賞は、2011年4月1日から2012年3月31日までに各種モバイルを活用し実施されたキャンペーン、マーケティング・コミュニケーション事例、また規定のモバイル広告枠上に掲載された広告クリエイティブやキャンペーンサイト・アプリのクリエイティブが対象となり、広告およびマーケティング分野、クリエイティブ分野における著名な9名の審査員で構成された「モバイル広告大賞選考委員会」にて厳正なる審査が行なわれた。

その結果、スマートフォンアプリを使って、新型MINI Coupéの実車を奪い合う一般参加型バーチャル・ゲーム「MINI Coupéハンティング大作戦」が、グランプリおよび、マーケティング部門「ベストキャンペーン」、「ベストブランディング」の3賞を受賞した。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事