【こだわりの日本仕様】スバル・レガシィ・アウトバック発表 次は「ウィルダネス」日本へ?

公開 : 2021.10.07 11:00

日本仕様と欧米仕様 どう違う?

ウィルダネスに対する期待値がネット上では大きな話題になることが多い、レガシィ・アウトバック。

アメリカではアウトバックとして発売されてすでに2年以上が過ぎるほど、日本導入が遅くなってきたことが、アメリカで通常モデルに追加発売されたウィルダネスに対し日本人の興味が沸く一因になっていると思う。

スバル・レガシィ・アウトバック
スバル・レガシィ・アウトバック

では、なぜ海外に比べて2年以上も日本導入が遅くなったのか?

この点について、村田PGMを始めとしたスバル関係者からは「日本専用仕様にこだわったから」という回答だった。

海外との違いは大きく3点ある。

1点目は、エンジンだ。

北米仕様では2.5Lと2.4Lターボ、また欧州仕様では2.5Lのみとしたのに対して、日本仕様ではレヴォーグでも搭載している1.8L直噴ターボを採用した。

その理由について「動力性能と環境性能を高い次元で設定」とし、高速巡航時の燃費向上も狙ったという。

また、リニアトロニックCVTは基本的にレヴォーグと共通だがファイナルギア比はレヴォーグとは違う。

2点目は、アイサイトだ。

北米仕様ではアイサイトVer.3、また欧州仕様では次世代アイサイトを採用しているのに対して、日本仕様はレヴォーグ同様に次世代アイサイトとアイサイトXを組み合わせた最強アイサイトとしている。

3点目は……。

日本にあわせた「ウィルダネス」は?

3点目は走りだ。

北米仕様ではフリーウエイでの長距離移動、また欧州仕様ではアウトバーンでの超高速走行を視野に入れている。

スバル・アウトバック・ウィルダネス
スバル・アウトバック・ウィルダネス    スバル

対する日本仕様では乗り心地を重視しながらハンドリングを安定させるため、ショックアブソーバーの圧縮方向の減衰力を欧米仕様に比べて弱める一方で、ショックアブソーバーの伸び方向の減衰力を高めることで抑えバランスの良い走り味とした。

また、ボディは先代比で全長が50mmのびているが、ミラーtoミラーの全幅は前代同値として、最小回転半径は5.5mを維持してスバル車の基本である0次安全の見切りの良さを確保している。

アウトバックは、1994年に初代(販売総数20万台)、98年に2代目(20万台)、03年に3代目(23.9万台)としたあと、北米市場を意識してボディサイズが大型化した4代目(45万台)が大きく伸び、14年の5代目(70万台)がさらに躍進。

そして今回の6代目はスバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)採用で走りが刷新され、安全性能でも欧州アセスメントのEURONCAPでファイブスターを獲得しているスバルの自信作だ。

日本仕様は、都会派の洗練された上質さを主張する「リミテッドEX」と、アクティブなアウトドアのイメージの「XブレイクEX」の2グレードだ。

ここにウィルダネスが追加設定されることを大いに期待したい。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

スバルの人気画像