【こだわりの日本仕様】スバル・レガシィ・アウトバック発表 次は「ウィルダネス」日本へ?

公開 : 2021.10.07 11:00

スバル・レガシィ・アウトバックの日本仕様が発表されました。北米専用「ウィルダネス」導入の期待も高まります。

注目の「ウィルダネス」導入は?

執筆:Kenji Momota(桃田健史)
編集:Taro Ueno(上野太朗)

スバルは2021年10月7日、新型「レガシィ・アウトバック」日本仕様を発表した。

これを受けて、メディア向けにオンラインでの商品説明会が開かれた。
 
その中で、筆者(桃田健史)を含む複数のメディア関係者から「北米向けのウィルダネスについて日本導入を希望する声が多いが、その可能性はあるか?」という質問が相次いだ。

スバル・アウトバック・ウェルダネス
スバル・アウトバック・ウェルダネス    スバル

これについて、レガシィ・アウトバックの開発を統括する、スバル商品企画本部PGM(プロジェクトゼネラルマネージャー)の村田誠氏は「そのような声を頂いているが、将来の商品計画なので、ここでの回答は差し控える」と明言を避けた。

一方、商品企画本部の別の関係者は、北米で好評であり、また日本でも導入に対する期待が高いという声がスバルに寄せられているという事実を踏まえて「今後の検討(案件)として、乞うご期待」という前向きな姿勢を示した。

ウィルダネスは現在、北米専用車としてレガシィ・アウトバックの最上級に位置付けられているモデルだ。

サスペンションの仕様変更のよるリフトアップや、外装ではフロントまわりを中心として本格的なオフローダーのイメージを強調している。

見た目のイメージだけではなく、走りも鍛え抜かれているのが特徴だ。

STIに次いで「ブランド化」も?

北米スバルのホームページでは、岩場や悪路での走行シーンが画像や動画で紹介されており、こうした姿を見た日本のスバルファンからウィルダネス待望論が高まっているのだ。

ウィルダネスは、北米アウトバックで初導入された時点では単一モデルでの対応なのか、それともスバル車全体を横断するオフロードパフォーマンスブランドなのか、そうした判断をユーザーはつけることができなかった。

スバル・フォレスター・ウィルダネス
スバル・フォレスター・ウィルダネス    スバル

それがフォレスターのビックマイナーチェンジに伴い、北米フォレスターにもウィルダネスが設定されたことで、スバルとしてはSTI(スバルテクニカインターナショナル)とは別枠での新たなるブランド戦略であることが証明された。

ただし、現時点ではあくまでも北米専用設定にとどまる。

スバルは過去10年間でグローバルで販売台数と売上台数が右肩上がりとなってきたが、その源水はアメリカにある。

アメリカ国内乗用車の販売シェアは10年前の約2%から現在はその2倍となる約4%へと躍進している。

その結果、スバルの北米法人であるスバル・オブ・アメリカ (SOA)の商品企画に対する発言力は強く、そうした中でウィルダネスの発想は生まれた。

村田PGMは、北米市場から「ラギッド感と本格的な走破性」を求める声が強く、それに基づきウィルダネスを設定したと説明した。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

スバルの人気画像

×