新型トヨタGR86 欧州仕様プロトタイプへ初試乗 称賛の予兆 後編 

公開 : 2021.11.21 08:26

サーキットでも一般道でも訴求力をアップ

アクセルペダルの加減で、回転数を調整する。フロントタイヤがコーナーへ食らいついたら、右足へ力を込める。テールが流れ始めたら、ステアリングホイールで意のままにドリフトアングルを調整できる。

より深い角度に持ち込みたければ、カウンターステアを緩めれば良い。深すぎたら、ステアリングホイールを回すだけ。こんな芸当ができるクルマは、極めて限られる。右足に力を込めたまま、楽し過ぎて笑い死にしてしまいそうだ。

トヨタGR86 欧州仕様プロトタイプ
トヨタGR86 欧州仕様プロトタイプ

さらに感心させられたのが、引き締められたサスペンションを得ていながら、サーキット級の速度域でも操縦性の懐が深いこと。グリップ力が向上しているから、限界領域へ迫る前に従来以上に速く周回することもできる。

初代とは異なり、中回転域での太いトルクがある。コーナーでは、アクセルペダルの踏み加減で姿勢制御も容易。従来以上にハードに走れると同時に、バランスにも優れ、自在に振り回すことも許してくれる。

シリアスな動的特性を獲得し、サウンドまでも磨かれたトヨタGR86。サーキットでの能力は、GT86以上に高められた。それでいて、一般道での訴求力も高められている。

トヨタは、内燃エンジンを積んだ手頃な価格のスポーツカーを、更に素晴らしいモデルへ進化させたようだ。まだプロトタイプながら、AUTOCARとして満点の評価を与えても良いとすら思える。

でも、もったいぶるようだが、最終的な評価は完成した欧州仕様のトヨタGR86を待ってからにしよう。英国価格が判明し、英国の一般道を運転できる日まで。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

新型 トヨタGR86 欧州仕様プロトタイプへ初試乗 称賛の予兆の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

トヨタ 86の人気画像