市販SUV最長 1回の充電で航続距離707km達成 テスラも上回る「オーシャン」

公開 : 2023.03.28 18:45

米国の新興EVメーカー、フィスカーは電動SUV「オーシャン」で、1回の充電で707kmの航続距離を達成したと発表しました。欧州で販売される電動SUVとしては「最長」とされます。

WLTPサイクルで最大707km 今年後半に発売

米国の新興EVメーカーであるフィスカーは、今年後半に発売予定の電動SUV「オーシャン」で、航続距離707kmを達成したと発表した。この数値はWLTPサイクルによるもので、現在市販されている電動SUVでは最長となる。

バッテリー容量などの詳細は明らかにされてないが、公称値としてはテスラモデルX(565km)やメルセデス・ベンツEQS SUV(587km)といったライバルを大きく上回る。

フィスカー・オーシャン
フィスカー・オーシャン

一方、小型バッテリーでは442kmの航続距離を実現している。

米国向けの価格は3万7499ドルから6万8999ドル(約490~900万円)となる。欧州では4月末までに発売され、その後まもなくデリバリーが開始される予定だ。英国では約3万4990ポンド(約560万円)から販売される。

フィスカーは昨年、AUTOCARの取材に対し、欧州向けの車両はオーストリアで製造されるため、輸入税によって価格が膨れ上がることはない、と語っている。

オーシャンには3種類のグレードが用意される予定だ。「スポーツ」は、フロントアクスルに最高出力275psのモーターを搭載し、0-97km/h加速で6.6秒を達成。「ウルトラ」は、各アクスルにモーターを搭載し、出力を540psに高め、同加速タイムを3.9秒に短縮。「エクストリーム」は、550psの出力と3.6秒のタイムを実現する。

フィスカーは各モデルのバッテリーの容量をまだ公表しておらず、充電速度をテスト中であるとしている。

ウルトラとエクストリームは、中国のCATL社が供給するニッケルマンガンコバルト(NMC)バッテリーを使用しており、フィスカーは「クラストップの航続距離と性能」を実現すると述べている。

現在、発売記念の特別仕様車として、6万8999ドル(約900万円)の「ワン」も設定されている。エクストリームをベースとし、5000台の限定販売となる。標準装備として、22インチホイールと記念サインが用意される。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    平成4年生まれ。テレビゲームで自動車の運転を覚えた名古屋人。ひょんなことから脱サラし、自動車メディアで翻訳記事を書くことに。無鉄砲にも令和5年から【自動車ライター】を名乗る。「誰も傷つけない」「同年代のクルマ好きを増やす」をモットーにしている。イチゴとトマトとイクラが大好物。

関連テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像