ダイハツ、新型軽はミニバンからの移行層をターゲットに

2014.09.29

ダイハツは、11月初旬に発表予定の新型軽乗用車の技術概要を発表した。

この新型軽乗用車は、2013年の東京モーターショーにコンセプトカーとして出展したデカデカをベースに開発を進めているもので、主な新技術として下記のものを採用している。

ウルトラスペースと名付けられた軽最大の室内空間では、1835mmの全高ながら、室内高を軽自動車No.1の1455mmとし、大人4人がゆったりと乗車でき、レジャー使用時には大人が車内で着替えられる空間を確保した。また、乗り降りの際に子供はかがむことなく、成人や高齢者は腰を曲げずに乗り込むことができる優れた乗降性を実現している。

1835mmという全高を感じさせない安心感を実現する車両基本性能をファン&リラックスドライブコンセプトと名付け、フロント、リアのアブソーバー・ロッドのサイズアップなどで車両のしっかり感を創出したほか、新ウレタン・バンプスプリングの採用などによりロールを抑制した。また、ルーフパネルといった重心より上の部品を軽量化することで、85mmの全高アップにも関わらず重心は10mmアップにとどめることに成功した。

この他にも目線の高さを1387mmとして見晴らしの良い運転を実現するファインビジョン、350ccビール缶24本入りの箱を2箱積載できるラゲージアンダートランクなど使い勝手にこだわったミラクルラゲージといった技術の採用により、ミニバンからの移行層をターゲットにした軽乗用車に仕上げるという。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事