ダイムラーに続きトヨタもテスラ株を売却

公開 : 2014.10.25 22:30  更新 : 2017.06.01 02:11

ダイムラーがテスラの株式を売却したとのニュースが流れたばかりだが、続いてトヨタもテスラの株を手放した。

トヨタとテスラの関係は、2010年にスタートした。共同でRAV4の電動SUVの開発に携わり、実際、限られた数ではあったが、アメリカで販売が行われた。それはプロジェクトがスタートして僅かに22ヶ月後のことで、2012年に販売が開始。以降、およそ3年間で2,600台がユーザーの手に渡った。

しかし、トヨタは将来的なパワートレインとしての軸足をEVから燃料電池にシフトしている。したがって、EVのプロジェクトについては縮小傾向にある。

株式の売却に対する正式なコメントはトヨタからは出されていないが、およそ2.4%を所有していたと報告されている。

しかし、株式の売却によって両社の関係性がなくなるわけではなく、ダイムラー同様に技術的な協業はオープンなままだと関係筋は語っている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事