[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

社会人1年目、ポルシェを買う。

2019.10.19

100字サマリー

「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。車検がおわり、ひと息ついて、タイヤを履き替えることにしました。パイロット・エグザルトPE2に、シノハラタイヤで交換してもらいました。

第99話:ポルシェ911(シャカヨン号)、タイヤ交換 ミシュランにしてみた

photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)

もくじ

ブッシュ類をやるなら、まずタイヤ
職人さんが語るミシュラン
パイロット・エグザルトPE2の第一印象

ブッシュ類をやるなら、まずタイヤ

シャカヨン号の車検は、細かなやるべきことが多かった。本丸であったブッシュ類の交換まで、たどりつけなかった。

しかし有益なアドバイスをいただいた。「ブッシュの前に、タイヤ交換を」。これでずいぶん乗り味も変わるらしい。

なんとか車検整備費用(およそ50万円)を払い終えた。次はタイヤ交換だ、となった。

シャカヨン号(1979年型ポルシェ911 SC)のタイヤサイズは以下のとおり。

前 :205 55 16
後ろ:225 50 16

これに合うポルシェ認証タイヤは、3種。

コンチネンタル:コンチ・スポーツ・コンタクト
ミシュラン:パイロット・エグザルトPE2
ピレリ:Pゼロ・ロッソ

「認証タイヤ」以外の選択肢もあるだろう。が、まずは認証タイヤを使ってみて、本当に認証タイヤである必要があるかを知りたい。

いち消費者として体験してみる必要があると思った。

同時に、上記3種の銘柄から、経験的な「イメージ」はある。あの銘柄はスポーティで、あれはコンフォートより、というふうに。

しかし今回は、その考えも捨てた。せっかく数種類しか存在しないのならば、最終的に数種類すべてを使ってみたいと思った。

ならば最初は、ミシュランだ。なぜか。シャカイチ号(996型911)のときに、とても好印象だったからだ。

シャカヨン号も、まずはミシュランを選ぶ。それを基準に、ピレリ/コンチネンタルのどれが自分に合うかを知りたいと思った。

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。