Juju(野田樹潤)ブログ

2020.03.01

100字サマリー

13歳のプロレーサーJuju(野田樹潤)の連載。デンマークでの生活がスタートしてから、約1か月半が経過しました。デンマークより、日本で行われたJuju(野田樹潤)後援会発足パーティのことを振り返ります。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第27話:Juju(野田樹潤)後援会が発足! パーティのできごと

もくじ

Juju(野田樹潤)後援会発足パーティ
Jujuのことをもっと皆さんに知ってもらいたい
応援メッセージは、私にとっての宝物

Juju(野田樹潤)後援会発足パーティ

もう3月ですね。

海外での生活がスタートしてから、約1か月半が経ちました。

NODAレーシングごとデンマークに引越したので、こっちに来てからはほとんど時間がなくて、忙しくすごしています。

今は、5月9日と10日行われるレース初戦に向けて、スペインで走行練習をしているところです。スペインはデンマークよりあったかいんですよ!

さて、今回は、ちょっと前のことになりますが、1月14日(東京)と16日(兵庫)の2回にわたって行われた「Juju(野田樹潤)後援会発足パーティ」のことをご報告します!

普段からJujuのことを応援してくださっている方たちが発起人となって開いてくださったんですが、初めてお会いする方にもたくさん集まっていただけて、本当にうれしかったです!

わたし、小さいころから人に応援されるとすごくがんばれるタイプなんですよ! だから、小学校の運動会とかもメチャクチャ張り切っちゃう。逆に、誰もいないと気持ちが乗らない~。

なので、応援スピーチをいただいた方をはじめ、たくさんの方に「がんばれ!」って言ってもらえて、すごく身が引き締まる感じがしたし、パワーをもらえました。

ところで、後援会発足パーティってどんなことするの? って思いますよね。

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。