コラム&エッセイ

2019.02.11

Juju(野田樹潤)ブログ

編集部より

12歳のプロレーサーから、13歳のプロレーサーになったJuju(野田樹潤)の連載。第16話は、そんなJujuを育てたお母さまが主人公です。「お母さん」へのJujuの気持ち、「お母さん」のまなざし。レースファン以外の心に染みわたるのではないでしょうか。

第16話:Jujuの育て方、お母さんに聞いてみた 前編 ー Juju(野田樹潤)ブログ

もくじ

お母さんからみたJuju
わたしからみた「お母さん」
危ないからやっちゃダメ?

お母さんからみたJuju

今回は、お母さんとの話を書こうと思います。

お母さんは、元バレエダンサーで、バレエの先生としてたくさんの子どもたちを教えていたこともあるんですよ。

前にもお話したけれど、体幹トレーニングも遊んでる感覚で一緒にやったりしています。

まず、「わたしってどんな子?」ってきいてみると、こんなふうに話してくれました。

「Jujuは、ひとをとってもよく見ているよね。そして、自分で考えて何かをつくるのが好きだよね。たとえば、ウチにお友達が集まったときに、ひとりで台本を作って、『あなたはこの役ね!』って配役して、衣装まで考えて。『じゃ、今から発表するから見ててください!』って、踊りも入れた劇を見せてくれたり。あれはすごく楽しいよね!」

あ、やるやるー!

「それに、何かを手作りするのも好きだよね。いらない箱があったら、弟と一緒にくっつけて工作したり」

たしかに、工作も好きだな。

「自分で考えて何かをつくることって、すごくいいことだなって思うのね。ひとから言われたことだけをやるんじゃなくて、自分で考えて行動できるというのは、レーサーにとっても必要な能力なんじゃないかな」

そっか。そんな風にわたしのことを見てくれていたんだ。

next pageわたしからみた「お母さん」

すべての画像をみる

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。
 
 
 

人気コンテンツ