Juju(野田樹潤)ブログ

2020.05.06

サマリー

13歳のプロレーサーJuju(野田樹潤)の連載。5月に予定されていたF4デニッシュチャンピオンシップ開幕戦は見送られることに。これについてJujuの思うこと、お父さん(野田英樹)と考えた戦略を綴ります。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第33話:F4デニッシュチャンピオンシップ 開幕戦の中止に思うこと

もくじ

開幕戦は見送られることに
第2戦と第3戦はぶっつけ本番
では、どうやって戦うのか?

開幕戦は見送られることに

突然ですが、5月に予定されていた開幕戦は、残念ながら見送られることになりました。

半分は予想していたことなので、それを聞いたときは「やっぱり……、仕方ないか」と、力が抜けていってしまうような感じだったけれど、時間がたつにつれて、くやしさがこみあげてきました。

 

1月の後半にデンマークに来てから約3か月間、自分のコンディションもマシンの調子も順調に上がってきていました。

だから、期待が大きかった分、ものすごく残念です。

ちょっと前まで、デンマークの首相は「大きなイベントは控えるように」というだけで、自動車連盟に問い合わせても「わからない」っていう状態だったんです。

それなのに……。

「無観客でもやってほしかった」とは思うけれど、今はみんなが大変なときだし、仕方ないですよね。ギリギリまで発表がなかったということは、なんとか開催できるように考えていたからだと思うし。 

6月の第2戦に向けて、できることをやっていくしかないです!

ところで、わたしが無観客でもやって欲しいと思っていたのには、理由がありました。

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。
 
 
 

人気記事