カーレビュー

2017.08.05

パフォーマンスクーペ決定戦:日産GT-R vs アウディRS5(前編)

日産GT-R/アウディRS5

テスト日 : 2017年07月29日

文・ダン・プロッサー 

編集部より

日産GT-RとアウディRS5。一見、おなじ土俵にないクルマですが、戦わせました。GT-Rはフレッシュでいつづけられるか? RS5は、みずからのイメージを変えられるか? 前編です。

もくじ

前編
2台の合言葉は「驚異」
RS5、いまやGT-R超え?
GT-Rの内装「時代遅れ」問題
GT-RとRS5 意外な共通点

後編
GT-Rで山を攻めてみる(8月6日公開予定)
高性能車と傑作の違い(8月6日公開予定)
追うRS5 逃げるGT-R(8月6日公開予定)
浮き彫りになった、ふたつのこと(8月6日公開予定)

2台の合言葉は「驚異」

アウディRS5と日産GT-R。この2台での比較テストは、王道とはいえないマッチメイクかもしれないが、その組み合わせにはいくつかの理由がある。

まず、どちらも4WDの高性能クーペだ。

つぎに、いずれもV6ツインターボにパドルシフトのトランスミッションを組み合わせる。

そして、ベース価格こそ£61,015(888万円)のRS5は£83,875(1221万円)のGT-Rよりかなり低いが、試乗車の仕様ではその£20,000以上の差がほぼ埋まっている。

それ以上に比較の動機となったのは、この2台の存在意義が接近していることだ。

アウディはこれを歴代最もダイナミックなRS5だと主張し、日産は最終段階に差し掛かったGT-Rが最も扱いやすく装備も充実しているという。

さらに、どちらのクルマもひとつの言葉で言い表せる。

「驚異」だ。

正直言って、われわれがこの2台をテストする理由は、アウディの新型車がどれほどの出来栄えなのかを確かめること。

1台を手に入れ、あらゆる道を、あらゆる天候の下で長く乗りつづけることはできるが、それではパフォーマンスカーとしての実力がどの程度なのか真に知ることはできない。

それを明らかにするには、実力を十分に発揮できるコースで、適切なライバルと対決させる必要がある。

 
最新試乗記