トヨタ・スープラ vs ポルシェ・ケイマン vs BMW M2 比較 初の大勝負、見事な勝利

2019.06.29

純粋で完ぺきなスポーツカー

それでも、M2はスープラやケイマンとは違ったドライビングを試す気にさせる。410psのパワーとショートホイールベース、強力なフロントグリップと強固に固定されたリアアクスルを持つこのBMWであれば、ステアリングだけでなく、アクセルでのラインコントロールに魅力を感じ、ドライ路面では、電子制御をオフにして、人生最大のドリフトを試してみたいという気持ちがドライバーを支配するだろう。

だが、いかにコンペティションが優れたモデルだとしても、不快な乗り心地に文句を言いつつ、突然のオーバーステアを楽しみたいと言うのでもなければ、ウェット路面では慎重さを失うべきではない。

それでも、スープラとM2の2台が逆立ちをしたとしても、ケイマンの持つ洗練とバランス、コントロール性や機敏さには敵わないだろう。


特にスープラに乗った後では、最初はスローに感じられるステアリングは、ターンインでは思ったよりも多くの操作を必要とするが、はるかに優れたフィードバック性能を備えたこのややスローなステアリングこそが、シャシーの荷重移動をより正確にコントロールし、穏やかなイナーシャを伴う優れた回答性と、前後へ均等にコーナリングフォースを配分することを可能にしていると、すぐに気付くだろう。

さらに、少しアクセルを抜くことで、ごくわずかな荷重移動も自在であり、もちろん、アクセルによるラインコントロールも可能だが、パワーを上回るグリップを備えたケイマンであれば、ドライバーは過度なスライドを恐れる必要もない。

何よりも、M2がバンプストッパーへの底付きを見せ、スープラが落ち着きを失うような荒れた路面であっても、ケイマンであればまったく恐れる必要はない。

公道でスポーツ+は硬すぎるが、スポーツであれば、こうした路面でもケイマンは何事もなかったかのように前進を続け、フラットな姿勢のままコーナーをクリアするのであり、シャシーに深く組み込まれた魔法のようなその盤石のコントロール性には、思わず呆然としてしまうだろう。

ケイマンこそが、今回集まった3台のなかでは、もっとも機敏でドライバーとの繋がりを感じさせる、ファン・トゥ・ドライブなモデルであり、ハンドリングだけであれば、もっとも純粋で完ぺきなスポーツカーだと言える。

 
最新試乗記

人気記事