【421psの走りは?】AMG CLA 45 S試乗 新型CLAクラスのトップモデル、価格/内装も評価

2020.04.06

サマリー

新型「CLAクラス」のAMG車を試乗。CLA 45 S 4マティック+は、コントロール性に優れ、乗り心地も悪くありません。421psのクーペは「買い」なのでしょうか?

もくじ

どんなクルマ?
意外に良好 後席の実用性
どんな感じ?
ブレーキも、ハンドリングも秀逸
乗り心地 こう見えて穏やか
「買い」か?
AMG CLA 45 S 4マティック+ スペック

どんなクルマ?

text:Shigeo Kawashima(川島茂夫)
photo:Keisuke Maeda(前田恵介)

4ドアクーペである。全長は4.7m。パワーウェイトレシオは4.06kg/psでしかない。

スペックを追っていけば「さすがAMG」としか言いようがないのだが、実態を知ると「さすが」の掛かる部分が変わる。

メルセデスAMG CLA 45 S 4マティック+(日本仕様)。
メルセデスAMG CLA 45 S 4マティック+(日本仕様)。

「スピード・ジャンキー」のような暴力的あるいは禁欲的な高性能志向とは違うのは、走り出した瞬間に理解。ちょっと唸らされた。

CLAクラスは、A/Bクラスをベースに開発されている。メルセデスのラインナップではエントリーに位置するA/Bクラスだが、クルマ趣味の要素を高めた4ドアクーペは1クラス上。

価格もそうだが、車格設定ではCクラスの横並びと捉えてもいいだろう。

一般的に4ドアクーペは後席の居住性を犠牲にしてスポーツ&スペシャリティの趣を与えている。

CLAも例外ではない。

意外に良好 後席の実用性

新型CLAを含むメルセデス車は、スペース効率のいいプラットフォームと低全高化せずのロングキャビンスタイルのお陰で、外観の印象以上に後席の居住性は良好。

セダンやワゴンほど持て成された感はないにしても、後席乗員を蔑ろにしていない。

メルセデスAMG CLA 45 S 4マティック+の後席。
メルセデスAMG CLA 45 S 4マティック+の後席。

4名乗車でのロングドライブの機会が多くても十分に対応できる。意外と実用的である。

そこに421psの最高出力を誇る2Lターボを搭載し、4WDと組み合わせてAMG車としたのがメルセデスAMG CLA 45 S 4マティック+。

ちなみに新型Aクラス系統のAMG車には「45 S 4マティック+」の他に「35 4マティック」を設定。CLAも同様であり、走行性能面のスペックだけでなく、フロントマスクも異なっている。

縦桟の大開口ラジエターグリルはAMG車のフラッグシップとなるGT系にも似たデザインであり、AMG車でも性能面で上級に位置するモデルを示す。

 
最新試乗記

人気記事