【M・ベンツCLAクラス試乗】CLA 200 d 新型ディーゼル・クーペの価格/内装を評価

2019.12.07

100字サマリー

メルセデス・ベンツ新型CLA、ディーゼル車に試乗。全長/全幅はCクラスと同等。「Bクラス・セダンと展開してもいいくらい」とレポートされています。

もくじ

どんなクルマ? どんなサイズ?
内装/後席 実用性も両立
どんな感じ?
ベンツ車らしさ
「買い」か?
欧州プレミアムの入口に
メルセデス・ベンツCLA 200 d スペック

どんなクルマ? どんなサイズ?

text:Shigeo Kawashima(川島茂夫)
photo:Keisuke Maeda(前田恵介)

源流にはクラウンやセドリックなどの4ドアHT(ハードトップ)人気があるのだが、4ドア・クーペの始祖といえば1985年に登場したカリーナEDだろう。

同車のヒットによりマツダからペルソナ、ニッサンからプレセアなどの同コンセプト車が登場し一大市場を築いていく。

メルセデス・ベンツCLA 200 d
メルセデス・ベンツCLA 200 d

そして30年の時を経て再興を迎えることになる。その火付け役となったのがメルセデス・ベンツCLSクラスである。ボディ形状は昔風に言うならピラードHT。深く傾斜しトランク部との連続性を持たせたリアピラーによるクーペフォルムを特徴とする。

他社から同コンセプトのモデルが続々と登場したことを考えれば、成功か否かは語るまでもない。

このCLS同様のコンセプトでAクラスをベースに開発された4ドア・クーペがCLAクラスだ。狙いは外観で一目瞭然だが、メルセデス・ベンツの真面目さを実感するモデルでもあった。

車体寸法をAクラス・セダンと比較すると全長が140mm長く、全幅が30mm拡大され、Cクラス・セダンとほぼ同サイズとなっている。

 
最新試乗記