Aクラス・セダン試乗 M・ベンツA250 4マティック、サイズ/内装/セダンのメリットを評価

2019.12.04

サマリー

メルセデス・ベンツAクラス・セダンに試乗。A250 4マティックは、セダンのメリットと2.0Lターボのパワーが融合。実質500万円台の新モデル、その評価は?

もくじ

Cクラスとサイズ比較
内装 Cクラス超えの開放感
どんな感じ?
リアはマルチリンク
操るのが心地いいクルマ
「買い」か?
オプションは必要
A250 4マティック・セダン スペック

Cクラスとサイズ比較

text:Shigeo Kawashima(川島茂夫)
photo:Keisuke Maeda(前田恵介)

車格ヒエラルキーなら、差し詰めA&Bクラス >> Cクラス >> Eクラス >> Sクラスの序列になるのだろうが、Aクラス・セダンの登場で単なる上下関係とは違った意味合いも感じられた。

A&Bクラス系統のFFプラットフォームを用いたモデルは、シューティングブレイクおよびBクラスをワゴン相当とすれば、Aクラス・セダンの登場により、2BOX、4ドアクーペ系、SUV、ワゴンという乗用車の主要カテゴリーをカバーすることとなる。

メルセデス・ベンツA250 4マティック・セダン
メルセデス・ベンツA250 4マティック・セダン

A&Bクラスはベンツ車のエントリーに位置するが、同時に実用性や費用対効果を重視した新たな柱として成立したとも言える。

FR系ベンツ車のエントリーとなるCクラス・セダンとAクラス・セダンの外寸を比較すると、全高および全幅が同等、全長が16cm弱コンパクトになり、ホイールベースが11cm短い。ロングキャビン/ショートデッキのプロポーションなどの共通点も多いが、一回りとまでは言わないものの、コンパクトなAクラス・セダンのほうが意外なことに見た目の印象は伸びやかである。

 
最新試乗記

人気記事