【421psの走りは?】AMG CLA 45 S試乗 新型CLAクラスのトップモデル、価格/内装も評価

公開 : 2020.04.06 10:20  更新 : 2020.04.06 11:47

新型「CLAクラス」のAMG車を試乗。CLA 45 S 4マティック+は、コントロール性に優れ、乗り心地も悪くありません。421psのクーペは「買い」なのでしょうか?

もくじ

どんなクルマ?
意外に良好 後席の実用性
どんな感じ?
ブレーキも、ハンドリングも秀逸
乗り心地 こう見えて穏やか
「買い」か?
AMG CLA 45 S 4マティック+ スペック

どんなクルマ?

text:Shigeo Kawashima(川島茂夫)
photo:Keisuke Maeda(前田恵介)

4ドアクーペである。全長は4.7m。パワーウェイトレシオは4.06kg/psでしかない。

スペックを追っていけば「さすがAMG」としか言いようがないのだが、実態を知ると「さすが」の掛かる部分が変わる。

メルセデスAMG CLA 45 S 4マティック+(日本仕様)。
メルセデスAMG CLA 45 S 4マティック+(日本仕様)。

「スピード・ジャンキー」のような暴力的あるいは禁欲的な高性能志向とは違うのは、走り出した瞬間に理解。ちょっと唸らされた。

CLAクラスは、A/Bクラスをベースに開発されている。メルセデスのラインナップではエントリーに位置するA/Bクラスだが、クルマ趣味の要素を高めた4ドアクーペは1クラス上。

価格もそうだが、車格設定ではCクラスの横並びと捉えてもいいだろう。

一般的に4ドアクーペは後席の居住性を犠牲にしてスポーツ&スペシャリティの趣を与えている。

CLAも例外ではない。

意外に良好 後席の実用性

新型CLAを含むメルセデス車は、スペース効率のいいプラットフォームと低全高化せずのロングキャビンスタイルのお陰で、外観の印象以上に後席の居住性は良好。

セダンやワゴンほど持て成された感はないにしても、後席乗員を蔑ろにしていない。

メルセデスAMG CLA 45 S 4マティック+の後席。
メルセデスAMG CLA 45 S 4マティック+の後席。

4名乗車でのロングドライブの機会が多くても十分に対応できる。意外と実用的である。

そこに421psの最高出力を誇る2Lターボを搭載し、4WDと組み合わせてAMG車としたのがメルセデスAMG CLA 45 S 4マティック+。

ちなみに新型Aクラス系統のAMG車には「45 S 4マティック+」の他に「35 4マティック」を設定。CLAも同様であり、走行性能面のスペックだけでなく、フロントマスクも異なっている。

縦桟の大開口ラジエターグリルはAMG車のフラッグシップとなるGT系にも似たデザインであり、AMG車でも性能面で上級に位置するモデルを示す。

どんな感じ?

駐車スペースで取り回している時の車外排気音は“ボッボッボッボッ”。「やるぞ!」と気合いを込めているかの如くなのだが、ドライバーに覚悟を迫るようなクルマでは、まったく以てないのである。

高出力狙いのエンジンでも極低負荷域で愚図るような部分はなく、極低速で発進停止の繰り返しがあまり得意でないDCT(8速型)をしても駐車場での扱いは容易。AMG車のインプレで駐車場の扱いが云々もどうかと思うが、一事が万事なのである。

クローム仕上げの4本出しエグゾースト・エンドと専用ディフューザーでスポーティさを高めている。
クローム仕上げの4本出しエグゾースト・エンドと専用ディフューザーでスポーティさを高めている。

山岳ワインディングを「らしく」走らせても、コントロールのしやすさは高性能自慢のモデルでも群を抜いている。

アクセルペダルを軽く踏み込めばゆるゆると走り出し、巡航からのチョイ増し、一瞬駆動力を掛けてすぐに加速力を抜いていく、加速即エンブレ等々と色々試しても常に滑らかに追従する。

このコントロール感が、微速前進から全開まで維持されるのだ。駆動系のバックラッシュやらスナッチングなんて粗野な要素は皆無である。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記