ニュース

2018.02.04

ダカール・ラリーのドライバーに質問 「前、見える?」「トイレは?」

編集部より

ダカール・ラリー、皆さんご無沙汰では? AUTOCARは、ドライバーにどうしても気になる4つの質問をしてみました。

もくじ

ダカール・ラリー 忘れてない?
走るのは砂の上? 砂の中?
前は見えているの?
それでも荒野は魅力的?
トイレはどうしているの?

ダカール・ラリー 忘れてない?

ダカール・ラリーは、長くオフロード・モータスポーツの最高峰に位置付けられてきた。世界一タフなレースと呼ばれ、比べられるのは、その荒々しさにおいてはマン島TTレースと、耐久性においてはWRCくらいだろう。

近年では、テロの危険性から舞台をアフリカから南米へと移したが、それでもなお、その過酷さは変わらない。

ことしのラリーは1月6日に始まり、1月20日までの開催期間中に9,012kmを走り抜けたが、その半分はスペシャルステージで、ペルーからボリビアを経由してアルゼンチンへと至るルートだった。

1日の最長距離は885kmに達し、スペシャルステージの最長区間は499km。そして参加者に与えられた休日はわずか1日のみだ。

このラリーでは象徴的なシーンが毎年多く生み出されるが、ことしのそれは中でも印象的だった。2009年の勝者である南アフリカのジニール・ドゥヴィリエとドイツ人のコ・ドライバーのディルク・フォン・ツィツェヴィッツが砂丘の中の空洞をトヨタGazoo Racing SAハイラックスで突っ切ったのだ。

これはドゥヴィリエ自身による説明であり、写真はまさにそのときのものだ。

 
最新海外ニュース