[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

ランボルギーニ・アヴェンタドールSV J(イオタ)今年登場か より強烈なエアロで

2018.04.12

100字サマリー

ランボルギーニは同社のハードコアV12スーパーカーにSV Jと呼ばれる新バージョンを投入するようです。新たなテストのスパイショットを入手しました。ごく少数が生産され、その価格は以前のSVと比較してもかなり高いものになりそうです。

もくじ

新デザインのエアロ
ハードコアな「イオタ」

新デザインのエアロ

ランボルギーニは今年、アヴェンタドールのハイパフォーマンス版であるSV Jを追加するようだ。この新しいハードコアV12のスパイショットをお届けしたい。

アヴェンタドールSの最新版である四輪駆動モデルがトレーラーから降ろされる様子が初めて目撃された。このクルマはおそらく以前600台限定で発売されたSVの後継となるモデルであろう。

この根拠となるのは、エクステリアに追加された数々の新しい空力パーツだ。フロントを見れば、マクラーレン・セナに匹敵するほど明らかに大きくなったフロントスプリッターが装着されている。リアウイングも3本のアームを持つ新デザインとなった。

また、このクルマにはバンパー中央部に2本出しのエグゾーストが装着されていた。これは以前のSVのディフューザー中央部に取りつけられていたのとは異なるものだ。ウラカン・ペルフォルマンテにも使われたこの新技術により、排気ガスを空力的に重要なエリアから離すことでディフューザーの効果を高めることができる。

 
最新海外ニュース