[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

ポルシェ、英国内の新規受注を一時停止 新燃費試験法WLTP対応で

2018.05.21

100字サマリー

ポルシェは9月1日に始まる新排出ガス規制(WLTP)への対応のため、英国における新規受注を一時停止すると発表しました。在庫車は増やされますが、完全なカスタムを望む場合はしばらく待つ必要があります。BMWがM3を廃止するなど、他メーカーも影響を受けています。

もくじ

当面は在庫車の販売のみ
各メーカーに大きな影響

当面は在庫車の販売のみ

ポルシェは販売する全モデルについて、英国における新規の受注を一時停止すると発表した。これは新しい制度である国際調和排出ガス・燃費試験法(WLTP)が今年9月に施行されるのを前に、車両への改良が必要なためだ。

スポークスマンによれば、ポルシェはこれによる生産のボトルネックを減らすため、一時的に在庫車を増やすという。しかし、完全なカスタムを望む顧客はWLTP対応車への準備が整うまでしばらく待つ必要がある。

「この試験にかかる時間を考えると、いくつかのモデルは9月1日に間に合わないかもしれません」と彼はいう。「しかし、われわれはモデルイヤーが変わる際と同様に在庫を増やすことで対応します」とのことだ。

この手法は多くのメーカーがモデルチェンジの際の隙間を埋めるために用いている。しかし、ポルシェが新規制対応のために全モデルの在庫を抱えるのは初めてのことだ。他の多くのブランドも同様の手法を取ると予想される。

 
最新海外ニュース