海外ニュース

2018.06.15

アウディR8、2.9ℓV6仕様を投入か フェイスリフトで 画像34枚

編集部より

アウディは「R8」のフェイスリフトにともない、V6エンジン仕様を追加するようです。これはパナメーラやRS4などと同じ2.9ℓツインターボですが、ブースト圧の変更などにより500ps超となる見込みです。RWS投入に続くラインナップ拡大の一環です。

もくじ

新設計のV6を追加 500ps超か
R8のラインナップ拡大の一環

新設計のV6を追加 500ps超か

アウディR8は、今年行われるフェイスリフトにともない、廉価版となるV6エンジンを搭載したグレードが追加される。

ポルシェ・パナメーラやアウディRS4、RS5と共有する2.9ℓV6ガソリンエンジンが採用される。これが古い4.2ℓのV8NAの代わりとなるようだ。

KoVoMoという名称で知られるバンク角90°の6気筒エンジンは、アウディとポルシェのジョイントベンチャーによって開発されたものだ。

アウディは2世代目R8にV8をラインナップしていない。これは現代の排出ガス規制に適合させるコストが高すぎるためだとしている。排気量によって自動車税額が決められる中国市場を意識したものでもあるだろう。

最新のパナメーラ4Sでは、このV6エンジンは440psと56.0kg-mを0.4barという比較的低いブースト圧で発生させている。

ブースト圧をあげるなどの小変更を加えることで、このエンジンは500ps超、トルクも69.1kg-m以上を発揮できるだろう。アウディによれば、このエンジンの出力は複数のバージョンが用意されるようだ。

next pageR8のラインナップ拡大の一環

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ