[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(イオタ)発表 SVJ63も登場

2018.08.24

100字サマリー

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(イオタ)が、正式発表されました。最高出力770ps、最高速度350km/h、0-100km/h加速2.8秒。猛牛の新たなフラッグシップの登場です。

もくじ

「イオタ」の名が復活
アヴェンタドールSVJ スペック
納車は2019年初頭開始

「イオタ」の名が復活

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(スーパーヴェローチェ・イオタ)が、ペブルビーチ・コンクールデレガンスで発表された。

スーパーヴェローチェは「スーパーファスト」を意味し、それに「Jota(イオタ)」のサフィックスを連ねたモデル名となる。ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェの量産車最速ラップホルダーであることは既報の通り。生産台数は900台限定であるという。

ペブルビーチで公開されたのは、「SVJ63」という特別仕様車で、同社の設立年となる1963をオマージュしたもの。カーボンファイバーを多用し63台だけが製造されるスペシャル・エディションだ。

 

 
最新海外ニュース