海外ニュース

2019.05.22

007をイメージ アストン マーティンDBSスーパーレッジェーラに、新たな特別モデル

編集部より

ジェームズ・ボンドをイメージしたアストンが発表。「オン・ハー・マジェスティズ・シークレット・サービス」という特別仕様車で、同名の映画に登場したDB5を想わすオリーブ・グリーンをまとっています。

「オン・ハー・マジェスティズ・シークレット・サービス」

ゴールドフィンガーのDB5に続き、アストン マーティンが映画007シリーズのジェームズ・ボンドをイメージした、より現代的な特別モデルを発表した。その名も「オン・ハー・マジェスティズ・シークレット・サービス」DBSスーパーレジェーラだ。実車の写真18枚が届いている。

同名の映画公開50周年となる今年、劇中に登場した1969年式DBSにインスパイヤされたオリーブ・グリーンのペイントスキームをまとうスペシャルエディションが登場したのだ。

専用ペイントに加え、カーボンファイバー・スプリッター、エアロブレード、ダイヤモンド切削鍛造ホイールを装備。フロントグリルには、オリジナル・モデルのように、6本の水平のバーが横切っている。

インテリアは、ブラックレザーとグレーのアルカンターラで仕立て、赤いアクセントを効果的に使っている。トランクには、フェルトの裏地がついたドリンクケースがオプションで設定されており、シャンパンボトル2本を保管することができる。

限定台数は50台で、価格は30万7ポンド(4197万円)。標準車に比べて7万5000ポンド(1049万円)のプレミアムが付くことになる。

納車開始は本年末の予定だ。

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ