【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

航続距離548kmの純EV フォルクスワーゲンID.3発表 注文は2020年を予定

2019.09.10

製造は2021年から年33万台ペース

すべてのスペックはまだ公表されていないものの、モーターのトルクは31.6kg-mで、エントリーグレードとミドルグレードのID.3の最高速度は159km/hとなる。ミドルグレードでは100kWの急速充電器が使用可能で、250km分の距離を走る充電に要する時間は30分以内だという。エントリーグレードの場合は50kWの充電器に対応となるが、オプションで100kWにも対応できるという。トップグレードのクルマは125kWの急速充電器にも対応する。フォルクスワーゲンは8年間、もしくは走行距離25万7000kmまでバッテリーを保証するとしている。

インテリアは現行のフォルクスワーゲンのモデルと比較するとやや質素。ビショフはこう説明する。「シンプルでクリアなデザインにより、インテリアの革命を起こしたと考えています。車内空間を増やし、開放的な雰囲気を作ることで新たな価値を与えました」

フォルクスワーゲンID.3
フォルクスワーゲンID.3

ID.3のファーストエディションの価格は、現地で4万5000ポンド(585万円)ほどとなる見込み。

フォルクスワーゲンによれば、自社として初めてとなるカーボン・ニュートラル・モデルがID.3となる。製造から流通までに必要となるエネルギーのすべてが、再生可能エネルギーか、環境に配慮したと認定されたものを利用するという。ID.3はフォルクスワーゲンのドイツ・ツヴィッカウ工場で、2021年から年間33万台のペースで製造される予定だ。

 
最新海外ニュース