[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

クラシックカー36台が、タイムトライアル 2019コッパ・デル・ラヴォーロ・イタリアーノ

2019.12.02

100字サマリー

走りを楽しむクラシックカー・ファンのためのタイムトライアル「コッパ・デル・ラヴォーロ・イタリアーノ」が開催。36台が参加し、7回ものアタックを楽しみました。

もくじ

名阪スポーツランドで開催
和気あいあい、ラヴォイタ流
次回は来春の予定

名阪スポーツランドで開催

text&photo:Club Mother Head(クラブ・マザーヘッド)

今回で15回目になるコッパ・デル・ラヴォーロ・イタリアーノことラヴォイタが、秋晴れの11月4日にいつもの名阪スポーツランドEコースで開催されました。

秋季大会は、1975年までに製造されたクラッシック・モデル限定のタイムトライアル・レースで。36台のマシンがコンマ1秒を競い合うレベルの高い戦いに。

タイムトライアルはマシンのパワーよりドライバーの腕がはっきりと表れる。
タイムトライアルはマシンのパワーよりドライバーの腕がはっきりと表れる。

ラヴォイタは1周50秒程度のコースを1台ずつアタックするタイムトライアル形式で行われます。直接競い合うことがないため、クルマに優しく、ノーマル車でも、初めての方でも、自分のペースで安心して楽しめるのが特徴です。

走行の待ち時間には参加者同士のコミュニケーションを深められるし、ケータリングカーも出店しています。タイムを競う戦いの場でありながら、和気あいあいとした雰囲気なのがこのレースの魅力。

総合順位のほかにも排気量で600cc以下、850cc以下、1300cc以下、1800cc以下、無制限、そしてイタリア車以外という6つのクラスで表彰されます。全てのエントラントにトロフィが授与されるのが、ラヴォイラの良き伝統なのだ。また上位入賞者にはオリーブの冠が用意され、その走りを称えます。

 
最新海外ニュース