[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

VWディーゼル問題 英の集団訴訟 審理開始 判決は来春に

2019.12.05

100字サマリー

2015年9月に発覚したVWグループのディーゼルゲート。欧米等では行政機関による起訴、罰金のほか、オーナーや投資家による集団訴訟が相次ぎました。イギリスでは2017年1月に集団訴訟が提起され、本年12月1日(現地時間)から審理が始まっています。

もくじ

車両に『不正ソフト』は設置されていたか
両者の主張の違いとは

車両に『不正ソフト』は設置されていたか

text:Julian Rendell(ジュリアン・レンデル)
translation:Taeko Yamamoto(山本妙子)

高等法院(民事裁判所)の審理期間は2週間。今回はフォルクスワーゲンの2Lディーゼル車に「『不正』ソフトが設置されていたかどうか」の事実認定が争点となる。

集団訴訟を率いる弁護士団の中心メンバーはスレーターとゴードン。

問題発覚後4年が経過。まだ係争は続く。
問題発覚後4年が経過。まだ係争は続く。

「この審理が決定的なポイントになる」と彼らは言う。

また、集団訴訟の原告側責任者であるガレスは次のように述べた。

「フォルクスワーゲンは、この極めて有害なエピソードからクリーンになり、態度を改め、前へと進む機会がたくさんありました」

「それにもかかわらず、クルマのオーナーの主張を何百万ポンド(何億円)も費やして否定することを選びました」

一方、フォルクスワーゲンは、「高等法院でのわれわれの立場をしっかりと擁護し続けます」と述べた。

AUTOCARへの声明では、次のように主張している。

「フォルクスワーゲングループは、イギリスで販売されているどの車両にも 『不正』ソフトが設置されたことは一度もありません」

裁判の判決が下るのは来年春ごろの見込み。

 
最新海外ニュース