【SUV 3種投入】日産 次期キャシュカイ/次期エクストレイル/新電動SUV 今後18か月で 欧州

2020.02.18

アリア・コンセプト

2021年に発表される予定となっている新しい電動SUVは、2019年の東京モーターショーで展示されたアリア・コンセプトがベースとなる可能性が高い。

アリア・コンセプトのデザインは、その生産モデルにほとんど引き継がれるだろうと予想されている。

日産アリア・コンセプト
日産アリア・コンセプト

その販売価格は、同社の他のSUVの燃焼エンジンモデルより、かなり高価になるだろう。

完成したモデルを見たと言うアメリカのディーラーの話によると、航続距離は約483km、0-97km/h加速は5秒以内を目標としているとのこと。

アリアには、日産の最も先進的な運転支援システム「プロパイロット2.0」が搭載され、テスラに匹敵する高速道路での自動運転機能が提供される。

エクストレイルが最優先か

AUTOCARは、キャシュカイよりも前に、おそらく夏ごろ、エクストレイルが先行して発表されると考えている。

エクストレイルとキャシュカイが、それぞれローグとローグ・スポーツとして販売されているアメリカで、プロトタイプでのテストが行われている。

日産ローグ・プロトタイプ
日産ローグ・プロトタイプ

日産は、ヨーロッパよりも、かなり多くのエクストレイル(ローグ)をアメリカで販売している。

また、アメリカと中国では中型SUVの人気が高いため、日産はこれらのマーケットに注力していくだろう。

アメリカのテストカーからは、次期型エクストレイルのエクステリアのデザインをはっきり見ることができる。

スパイショットからは、大型の自立型中央ディスプレイと大幅に見直されたダッシュボードデザインが確認できる。

ディスプレイには、従来のノブとショートカットボタンが付いていて、タッチセンシティブではないことが伺える。

クライメイト・ファンクション用の独立した小さなスクリーンがあり、いま流行のデジタルダイヤル・ディスプレイも採用している。

 
最新海外ニュース

人気記事