【マツダスピード復活は?】マツダ3ターボ、北米先行導入 背景に2000年代マツダスピード・アクセラの存在

2020.07.11

サマリー

マツダの北米事業会社が6月末、ツイッターで公開した動画。2020年7月8日という日程が浮かび上がり、背後には吹き上がるエンジン音が。思い浮かぶキーワードは「マツダスピード」。復活の可能性を考えます。

もくじ

日本ではなく、北米市場先行で注目
ハイパフォーマンス系モデルへの期待
マツダスピード・アクセラの再来か?
新マツダ3ターボはどんな感じなのか

日本ではなく、北米市場先行で注目

text:Kenji Momota(桃田健史)

なぜ、エンジン音によるティザーなのか? なぜ、アメリカなのか?

そこには、アメリカのマツダファンにとって忘れられない「あのクルマ」の存在がある。

マツダの北米事業会社が6月末、ツイッターで公開した「スカイアクティブG2.5T」搭載のマツダ3。
マツダの北米事業会社が6月末、ツイッターで公開した「スカイアクティブG2.5T」搭載のマツダ3。    マツダ

マツダの北米事業会社が6月末、ツイッターで公開した動画。

背景は、魂動デザインの象徴であるカラーリング、ソウルレッドをモチーフとしたイメージ。そこに、2020年7月8日という日程が浮かび上がり、背後には吹き上がるエンジン音が収録されていた。

いったい、どのモデルのティザーなのか? なぜ、エンジン音にこだわるのか?

このツイートについて、アメリカの自動車系メディアの間では「ついに帰って来るのか!?」といった論調が目立った。

予測されていたのは、マツダ3ターボのことである。

公開されたのは、「スカイアクティブG2.5T」搭載のマツダ3。同エンジンは北米「CX-5」などにも搭載されている。

そんな既存エンジンを、他の既存モデルに採用するだけなのに、アメリカではマツダ3ターボに大きな期待がかかっている。

わざわざティザーで、ターボエンジンを聞かせるといった演出までして。

さらにいえば、マツダのハイパフォーマンス系ブランドである、マツダスピードの量産ラインでの復活についても、マツダ3ターボが大きなきっかけになるかもしれない……といった期待がアメリカで高まっている。

 
最新海外ニュース