国内ニュース

2016.07.11

マツダといすゞ、次世代ピックアップ・トラックのOEM供給で合意

マツダといすゞ自動車は、いすゞ製の次世代ピックアップ・トラックをマツダにOEM供給することで基本合意した。

今回の合意は、10年以上にわたるいすゞからマツダへのOEM供給による協力関係をベースに、両社がピックアップ・トラックに関する協議を行った結果、双方にメリットがあると確認したことによるもの。

これにより、いすゞは、マツダへの車両供給を通じたスケール・メリットによって、次世代ピックアップ・トラックの競争力を更に高めていくという。

一方のマツダは、競争力の高いいすゞのピックアップ・トラックをベースとした自社ブランド車を継続して販売することで、市場カバレッジを維持していく。なお、販売地域は北米を除く世界各国とされる。


▶海外初試乗 / いすゞD-マックス・フューリー

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ