国内ニュース

2017.10.06

カーナビシェア パナソニック 1位 パイオニア 2位 大画面機種が人気

[編集部より]

昨年のカーナビ出荷台数シェアは、首位が入れ替わったのをご存知ですか? スマホの地図機能に押され気味の市販ナビ市場でも、大画面ナビがセールスを伸ばしています。

パナソニック カーナビシェア1位に

2016年のカーナビ国内出荷台数は、前年比3.7%減の169万8000台であったことが、電子情報技術産業協会(=JEITA)の調べで分かった。

カーナビ市場では大画面モデルが人気を集めており、日本経済新聞が発表したシェアは、

1位 パナソニック:30.3%(3.0増)
2位 パイオニア:27.7%(0.6減)
3位 JVCケンウッド:13.9%(1.8増)
4位 富士通テン:13.8%(0.1増)
5位 アルパイン:7.1%(0.9増)

となっており、パイオニアを抜いてパナソニックがトップシェアを奪った。


パナソニックは、大画面を本体の手前に浮かせるようにマウントしたCN-F1Dが高い人気を得た。一般的な2DINスペースに無加工・無改造で搭載でき、これまでに280車種以上が装着可能車として発表されている。さらに今年は、ディスプレイの首振り機能を追加したCN-F1XDを追加し、勢いに乗る。

また、昨年4位だったJVCケンウッドが、富士通テンを抜いて3位に浮上。1位、2位の2社に先んじてハイレゾ音源に対応し、スマートフォンのような操作性の彩速ナビシリーズで支持を得ている。

 
最新国内ニュース