国内ニュース

2018.02.14

VWパサート/パサート・ヴァリアントに2.0ℓディーゼル 「2.0 TDI」国内販売

編集部より

フォルクスワーゲン・パサート/パサート・ヴァリアントに2.0ℓディーゼルがくわわりました。モデル名は「2.0 TDI」となり、エレガンスとハイラインが用意されます。本日から発売開始で価格は4,229,000円〜5,099,000円。

もくじ

パサートが2.0ℓディーゼルを搭載
加速向上と低燃費/低CO2の両立めざす
浄化装置 日本の厳しい排ガス規制に適合
ディーゼルのパサート 4種の価格

パサートが2.0ℓディーゼルを搭載

フォルクスワーゲン・ジャパンは、パサート/パサート・ヴァリアントに、「TDI」エンジン搭載車を追加、本日から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで発売する。

海外の潮流に反して日本国内のディーゼル乗用車市場は2012年以降拡大傾向にある。昨年は、輸入ディーゼル車の販売好調を受けて、外国メーカー車の年間総販売台数の2割を超えるシェアを占めるまでに成長している。なかでもパサートシリーズが属するミドルサイズ・セダン/ワゴン市場は、幅広いディーゼル車を取り揃える輸入車が中心となって市場を形成しているとのことだ。

「パサート/パサート・ヴァリアントTDI」の2ℓターボディーゼルエンジン「TDI」は、「MQB」に基づいて開発した新世代ディーゼルエンジンシリーズ「MDB(モジュラーディーゼルエンジンシステム)」の基幹ユニット。

この最新のパワーユニットは、最高出力190psおよび最大トルク40.8kg-mという優れたエンジン性能を誇り、ディーゼル車のメリットである力強い加速に加え、優れたランニングコスト(燃料費/燃費)および低CO2の双方を実現しているという。

また、ディーゼルエンジンの課題である排ガス中に含まれる粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)についても、排ガス後処理システムとして酸化触媒、SCR(選択触媒還元)、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)などを採用することで、世界的にも厳しい日本のポスト新長期排ガス規制に適合。エコカー減税対象となる。

加速向上と低燃費/低CO2の両立めざす

ガソリンエンジンが、燃料と空気の混合気にスパークプラグで点火するのに対して、ディーゼルエンジンは、圧縮行程で高温化した空気に燃料を直接噴射して着火させるため、その圧縮比はガソリンエンジンより高く、噴射する燃料はガソリンエンジンより少なく済む。

これがディーゼルエンジンの高い燃焼効率につながり、ガソリンエンジンよりも効率面で優れている理由になっている。また、「TDI」に採用しているターボチャージャーには、可動式ガイドベーン(排ガスの流れを制御する可変機構)を採用している。

ターボチャージャーのタービン側に装着したガイドベーンをエンジン回転数に応じて以下のように制御することで、過給効率を上げて、効率の良い最適な過給圧を得られるという。

・低回転の状態:開口面積を小さくすることで排気の流速を上げ、過給効率を高める
・高回転の状態:開口面積を大きくすることで抵抗を減らし、排気圧力を下げ、損失を減らす

next page浄化装置 日本の厳しい排ガス規制に適合

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ