マツダ、ディーゼル・ノック音を低減する新技術を開発

2015.02.20

マツダは、ディーゼル・エンジン特有のノック音を大幅に低減する世界初の技術 “ナチュラル・サウンド・スムーザー” を新たに開発。この技術を2015年2月末より発売予定のCX-3に搭載するSKYACTIV-D 1.5に採用すると発表した。

マツダが、ディーゼル・エンジンのノック音の発生メカニズムを探究した結果、燃焼時にコネクティング・ロッドの伸縮にともない発生するピストンの振動が原因であることを突き止めたのだという。今回新開発した “ナチュラル・サウンド・スムーザー” は、空洞のピストン・ピンに内蔵することでノック音の原因である振動を吸収する技術だ。

この技術によって、特に発進時やゆっくりとした加速時などに車室内で聞こえやすい周波数3.5kHz付近のディーゼル・ノック音を、未装着車に比べて最大で10dB低減するという。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース