フォルクスワーゲン・パサートTSIハイライン

公開 : 2015.06.29 10:56  更新 : 2017.05.29 18:57

■どんなクルマ?

フォルクスワーゲンの中型モデル、パサートの8代目。昨年秋のパリ・サロンでデビューし、日本では6月25日からワゴンのバリアントともども受注開始となった。

新型パサートで強調されるのは、‘プレミアム’ である。メルセデスやBMW並みの高級感を得ることを最大の課題にしているのだ。

なるほど、実物はアウディもかくやのLEDライトとクロームが妖艶に輝き、ワイド&ローが強調されたエクテリアは、フォルクス(国民)というより、エリートっぽい。

基本的には7代目に似ているけれど、試合前のボクサーのように研ぎすまされている。ボディ・サイズは先代に較べて、全長で5mmだけ短くて、12mm幅広く、2mmだけ低い。つまり、それほど変わらない。なのに見た目は劇的にスタイリッシュだ。

グリルが異なっていたら、アウディと見紛うばかり。

水平基調を印象づける前後の意匠と、サイドのキャラクターラインが効いている。シャープでエッジの効いた線と面。前後オーバーハングは切り詰められ、ホイールベースは先代の2712mmから2791mmへと一気に79mmも延ばされている。

真横から見ると、ビッグ・キャビン、ショート・ノーズのモダンなプロポーションを得ていることがわかる。端正で美しい。機能的である。室内は33mm全長が拡大し、荷室も増えている。

プラットフォームは、予告通り、7代目のゴルフで導入されたエンジン横置き用のMQBを採用している。パワートレインとスカットル周辺をポロからゴルフ、パサートまで共通化することで、開発期間を短縮し、コストを劇的に下げる。下げた分は品質や装備の向上に回す。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×