スコダ・スパーブ・エステート1.6 TDI SE

公開 : 2015.08.06 23:20  更新 : 2017.05.29 18:40

エントリー・レベルのスパーブだって十分に広く装備も豊富であるが、よりパワフルなモデルを買った方が得をするはずだ。

■どんなクルマ?

3代目のスコダ・スパーブのワゴン版。チェコのマニュファクチャラーが作るフラッグシップ・モデルの最新グレードであり、快適性と洗練性、安価なランニング・コストが売りである。

外から見ているとスパーブが新しく採用したデザイン言語が目を引く。ビジョンCコンセプト・カーからインスパイアされたこのデザインは、低めにセットされたアグレッシブな見た目のヘッドライトが特徴である。

全長は23mm長く、横幅も47mm大きくなっただけでなく、ホイールベースが80mm長くなったにもかかわらず、プラットフォームにフォルクスワーゲン製のMQBを採用することによって75kg軽くなった。

125psの1.4 TSIエンジンを除いて6速マニュアルか7速DSGデュアル・クラッチ・オートマティックから選択可能。

エンジン展開は、120psの1.6ℓターボ・ディーゼルを皮切りに、レンジ・トップの280psを発揮する2.0ℓ TSIガソリンまで、ガソリンが4種、ディーゼルが3種の展開となる。この280psのユニットは先代の3.6ℓ自然吸気V6エンジンの後継にあたる。

 
最新試乗記

人気記事