アウディA3スポーツバックe-トロン

公開 : 2015.10.09 23:35  更新 : 2017.05.29 18:14

  • フォーリングスをスライドすると充電ポートが現れる。

  • プロモーション用デカールがボディ・サイドを飾る試乗車両。

■どんなクルマ?

アウディ初のプラグイン・ハイブリッド車=PHEVとなる、「A3スポーツバックe-トロン」のセールスが、日本でもスタートした。CO2排出量に象徴される環境性能を、運動性能と高水準で両立させることは、自動車メーカーにとっては現在最も優先すべき課題といえるが、アウディからは、すでにそれに対してのさまざまな解答が提案されている。ガソリン・エンジンやディーゼル・エンジンといった内燃機関のダウンサイジングや高効率化に始まり、PHEVとしての成り立ちを持つe-トロン。あるいはe-ガスと呼ばれる合成メタンガスとガソリンを使い分ける、バイ・フューエル方式のg-トロンなど、アウディはあらゆる方向性から次世代の自動車像を模索しているのだ。

ここで紹介するA3スポーツバックe-トロンには、1.4ℓの直列4気筒ガソリン・ターボ(TSFI)エンジンと、エレクトリック・モーターを組み合わせた、パラレルハイブリッドのパワーユニットが搭載される。ガソリン・エンジンは最高出力で150ps、一方のエレクトリック・モーターは109psを発揮し、システム全体での最高出力は204psとアナウンスされている。ミッションはデュアルクラッチ式の6速Sトロニック。そして駆動輪は前輪となる。

通常のA3スポーツバックでは燃料タンクが置かれる位置にレイアウトされる二次電池はリチウムイオン方式で、8個のモジュールに分割されて搭載される。容量は8.8kWh、重量は125kgと発表されている。ちなみにエレクトリック・モーター単体の重量は34kgで、同じA3スポーツバックの1.4TSFI CODと比較した場合には、トータルの重量増は210kgという計算になる。

 
最新試乗記