アウディA3スポーツバックe-トロン

公開 : 2015.10.09 23:35  更新 : 2017.05.29 18:14

  • 専用デザインのアルミ(オプションの18インチ)にはコンチ・スポーツ・コンタクトを履く。

PHEVの魅力は、バッテリー搭載量の大きさと、それによるEV走行の航続距離の長さ。A3スポーツバックe-トロンは急速充電には対応していないが、200V電源からなら約3時間、100V電源からでも約9時間でバッテリーの満充電が行える。満充電からのEV走行は130km/hを最高速として、約50kmが可能。ちなみに充電ソケットは、フロントグリルにフィットされる4シルバーリングのエンブレムパネルを、横方向にスライドさせると表れる仕組みだ。

A3スポーツバックe-トロンには、「EV」、「ハイブリッドオート」、「ハイブリッドレベル維持」、そして「ハイブリッドチャージ」という4つのドライブモードが用意されている。それはセンターコンソール上のスイッチで選択でき、さらに6速Sトロニックで「D」と「S」の両モードを使い分けることで、例えばアクセルオフ時には、コースティング(Dモード)や、エネルギー回生(Sモード)など、異なった制御が実行されることになる。そのメカニズムやドライブロジックを知れば知るほどに、最新PHEVとしての魅力が強くなる。アウディA3スポーツバックe-トロンとは、そんなニューモデルなのだ。

■どんな感じ?

ドライバーを含めて大人3人と、トランクルームに積み込まれた撮影用の機材。A3スポーツバックというモデルの車格を考えれば、これはその実用性をほぼ使い切ったシチュエーションといえるだろう。はたしてこの条件下で、このPHEVモデルはどれほどの走りを披露してくれるというのだろうか。まずはほぼ満充電の状態からEV走行を試してみた。

関連テーマ

 
最新試乗記