プジョー308 GTi vs フォード・フォーカスST

公開 : 2015.11.18 23:20  更新 : 2017.05.29 19:30

もっと恐ろしいのは、両者ともにさらに激しいモデル(RとRS)のデビューが控えているという事実だ。

のちに発表を控えているゴルフGTIクラブスポーツに至っては、最高出力は265ps。瞬間的にブースト圧をあげるシステムを作動させれば291psにも到達する。

プジョーは ‘打倒ゴルフ’ を目論んでいることを隠そうとしていない。だからこそ声高に0-100km/h=6.0秒を謳わずに、‘使い勝手’、‘快適性’、‘ディテールへのこだわり’ を同時にアピールしているのだ。

エクステリアもできるかぎり穏やかにしようと努めているようだ。唯一甚だしいものといえば大径のアロイ・ホイールくらいである。フォトグラファーのスタンはいきなりホイールに傷を入れてしまった。

曲がり角にあった突起物にホイールを見事にヒットさせたベテラン・フォトグラファーは「気づかなかったんだ!」と大きな声で主張していた。OK、あとで修理代を請求するとしよう。

それ以外は試供品のようなサイズのマフラーを装着し、車高をわずかに下げているという程度のもの。フォーカスも同じくらい穏やかな変更にとどまっている。

内装はお互いに ‘ホットハッチ’ であることを主張している。シートの両側のサポートは分厚くなり、フォーカスSTに至っては追加メーターがセットされる。

308 GTiはあいかわらずステアリングがメーターを遮っている。低いドライビング・ポジションも影響している。また、後席の足元のスペースも平均以下である。

一方のダッシュボードのデザインは308 GTiの方がハンサムだ。ヨーロッパ車のデザインここにあり! と主張しているようでもある。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事