プジョー308 GTi vs フォード・フォーカスST

公開 : 2015.11.18 23:20  更新 : 2017.05.29 19:30

下顎やお腹についてきた贅肉はたしかに揺れているのだが、外の喧騒はしっかりとシャットアウトされていると感じる。

対する308 GTiはピーク・ディストリクト国立公園周辺のデタラメな道でもあっさりと衝撃を吸収してしまう。

低速域のアシの動きを考慮したファミリーカーではないため、時にサスペンションが音を発し、フロント・アクスルが興奮しやすいときもあるが、主戦場であるつづら折りでは無粋な動きをしない。

結果的に、1〜3速でゆらりゆらりとフロントが揺れるフォーカスSTに比べると、トルクステアに起因する不用意な動きの影響を受けにくい。

さらにエンジンはフォーカスSTよりも素早く回り、フォーカスSTよりも低い回転域でクライマックスが訪れる。また、フォーカスSTよりパワフルに感じるのは ―諸元表が正しければだが― 308 GTiよりも200kg軽いことも理由のようだ。

ステア・フィールを許せさえすれば、フォーカスSTよりもターンインが鋭いことも歓迎できる。そしてもちろんトルセン・デフのおかげで、コーナリング時の挙動も刺激に満ちている。

高速コーナーにて強烈なプッシュを試みた場合、より速い速度でコーナリング可能なのは308 GTiの方である。もちろんSTもかなりの速度で攻められるのだが、いささかの恰幅の良さがライン取りの足かせとなっている。

ピーク・ディストリクト国立公園では、さらなるスピードを出すことは自粛したが、リア・アクスルが遊び好きなのはフォーカスSTの方だ。

ただ、同じくらいGTiも自らがリアを滑らせたがる傾向にある。コーナーの最後までドライバーを惹きつけるマジックである。

関連テーマ

 
最新試乗記