プジョー308 GTi vs フォード・フォーカスST

公開 : 2015.11.18 23:20  更新 : 2017.05.29 19:30

中立付近ではやや粘り気をともなう感覚だ。密度の高い重みであり、エッジが立ちすぎていないというのも ‘旨味’ の秘訣のようだ。

にもかかわらず、気づけば不満に満ちた表情になってしまうのは、タイヤがスパイク状になっているのではないかと思うほどの ‘尖った’ 乗り心地が理由である。

£1,195(23万円)のマウンチューン・パックでは不可避なことなのだが、最近のフェイスリフト特有の傾向であり、フォードもまた、スプリング・レートとブッシュを頑固な仕立てにしたことを認めている。

繰り返して乗ってみるとアジリティに関してはごく控えめな改善しか看取されないが、クルマの立ち位置を考えると英国の道でも何とか我慢できるといったところだ。

それでも、刺激的かつ如才なささえ感じるのは、ステアリングを切ればサクッとフロントは向きを変え、たっぷりとしたグリップは強力に路面をつかんでいるからだ。

フォーカスSTのむっちりとした重みのステアリングに比べると308 GTiのステアリングは軽すぎると感じるのだ。子ども用のおもちゃみたく小さいステアリングも原因となっている。意図するよりも切りこんでしまうことが多かった。

同時に望んだとおりのラインをなぞることもむずかしい。アクセル・ペダルは羽毛枕のように抵抗をせず(反応はシャープ)、クラッチ・ペダルの作動幅が不必要に大きい。

ギアボックスも望む以上に大きくばたばたと動き、特に2速に入れる際に、丸い穴に四角いくいを打ちこんでいるような気分になる。

フォーカスSTの乗り心地は先述のとおりだが、同等の乗り心地の他のモデルほど不快に感じないのはデッドニングに力を注いでいるからでもある。

関連テーマ

 
最新試乗記