ミュゼオ・ウラカンを期間限定でオープン

2015.12.17

アウトモビリ・ランボルギーニは、最新車種を含むランボルギーニの人気車を展示し、一般公開するイベント「 Museo Huracán – INSTINCTIVE, INSPIRING, ENJOYABLE TECHNOLOGY(略称:ミュゼオ・ウラカン)」を東京港区に12月17日から期間限定でオープンする。

このミュゼオ・ウラカンではウラカンの2WDモデルであるウラカンLP580-2も展示されているほか、ランボルギーニの人気車種であり最高傑作であるウラカン・シリーズを、より多くの人に実際に見て、感じてもらおうという目的で設営されている。場内には、ウラカン・シリーズのラインアップが一堂に揃う。

ランボルギーニ・ジャパン代表のエジナルド・ベルトリは、「2015年の日本国内でのウラカンの販売は、たいへん素晴らしい成績をおさめることができました。今回初公開したウラカン・シリーズの新車種、ウラカン初の2駆ウラカンLP58-2 の登場によって、さらに日本のランボルギーニファンを魅了することと確信しております。また、縁起の良い年末年始にかけてランボルギーニの最高傑作ウラカン・シリーズのラインアップをこのような形で皆様に公開し、楽しんでいただける機会を設けられたことをたいへん嬉しく思っております。」とコメントしている。

会場住所:東京都港区南青山5-6-20
入場料 :無料
展示車両:ウラカンLP610-4クーペ、ウラカンLP610-4スパイダー、ウラカンLP580-2、ウラカンLP620-2 スーパートロフェオ


関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース