キャデラックCTS-VおよびATS-Vを発売

2016.01.27

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、スポーツセダンのキャデラックCTS-VおよびATS-Vを発売した。

Vシリーズは、キャデラックのラグジュアリー・セダンをベースに、キャデラック・レーシング直系の技術を与え、高い走行性能を追求したハイパフォーマンス・スポーツセダン。初代が米国で2004年に市場導入され、2009年の第2世代目から日本市場に導入されてる。

第3世代目のキャデラックCTS-V(写真上)は、最高出力649ps/6400rpm、最大トルク87.2kg-m/3600rpm(北米測定値)の6.2ℓV8エンジンを搭載し、これにパドルシフト式8速オートマチック・トランスミッションを組み合わせた。0-60mph(約96.6km/h)加速は、3.7秒というスペックだ。

スーパーチャージャーはコンパクトで高効率なものを採用し、直接噴射とアクティブフューエルマネジメント(気筒休止)を備える。

足まわりは、ブレンボ社製の高性能ブレーキシステム、レスポンスを40%向上させた第3世代のマグネティック・ライドコントロール(磁性流体減衰力制御システム)を与えられ、サーキット走行にも耐えられる。

ドライバーモード・セレクターは、ツアー、スポーツ、トラック(サーキット走行)、スノー/アイスといった走行モードを選択可能だ。

インテリアは、パフォーマンス志向のスウェーデッド・マイクロファイバー・アクセントに、マット仕上げのカーボンファイバートリムを加え、オプションでレカロ・パフォーマンスシートを用意。ほかにも、安全技術とパーキングテクノロジーを搭載した。

価格は、13,300,000円から14,700,000円。

あわせて、スポーツセダンのキャデラックATS-Vも発売された。

ATS-Vは、470ps/603N・m を発揮する3.6ℓツインターボ・エンジンを搭載。これは、Vシリーズ初のツインターボ・エンジンとなっている。

0-60mph(約96.6km/h)加速は、3.8秒とセグメント最速レベルの加速性を実現した。

価格は、9,900,000円から10,900,000円。


▶ 海外初試乗 / キャデラックCTS-V
▶ 海外初試乗 / キャデラックCTS-V

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事