6シーターEV、ソノ・サイオンが公開

公開 : 2016.11.01 04:10  更新 : 2017.06.01 00:34

6シーターのEV、ソノ・サイオンが発表された。

グレードは2種類で、エントリー・レベルのサイオン・アーバンは車両価格€12,000(140万円)で最長120kmを走行可能。30kWhバッテリー・パックを搭載するサイオン・エクステンダーは€16,000(185万円)というプライスで、250kmを走行できる。

いずれも3人掛けシートが2列という6シーターだ。

電力は7.5㎡のソーラー・パネルを用いて太陽光エネルギーによって充電する仕組みだ。パネルはルーフだけでなくボンネットや車体側面にも装備されている。

インテリアについては、モスという苔に似た植物をエア・フィルターとして使用するのが特徴になっている。ソノによるとモスは空気を清潔にするだけでなく、キャビンへ入るノイズを低減し、さらには耐火性能も有するという。

サイオンは、クラウドファンディングによって集まった資金をもとにプロトタイプが生産される。出資者は2017年にはじまるテスト・ドライブに参加する資格が与えられるという。

ソノによると最高速度は140km/hであるが、0-100km/h加速タイムは現時点では非公開だ。