右ハンドルのACコブラMkVIをオートスポーツ・インターナショナルで公開

公開 : 2017.01.05 04:10  更新 : 2017.06.01 00:32

440psのV8ユニットを搭載するACコブラMkVIは、英国ではマックGレーシングがディストリビューターとなるが、その右ハンドル仕様がいよいよ今月、公開される。

右ハンドル仕様のACコブラMkVIが今月行なわれるオートスポーツ・インターナショナル・ショーで公開される。

このACコブラMkVIは、オリジナルのコブラMkVIをベースとしたもので、エンジンは440psを発揮する6.2ℓV8が搭載され、278km/hの最高速度と3.4秒の0-100km/h加速を持つ。

最近販売が開始されたコブラ378よりも最新のパーツが使用されるもので、スペース・フレームにアルミニウム製ボディが被せられる。因みにコブラ378はラダー・フレームだ。

またコブラMkVIをベースにGT4レースにホモロゲートされたモデルも現在開発中ということ。

マックGレーシングのリチャード・マクレガーは、「ACコブラは様々なバージョンがそれぞれに人気が高いが、MkVIはオリジナルのACコブラの美しさを残したモデルだ。今までは左ハンドルのみが公開されていたが、英国の道にあった右ハンドル仕様をリリースできることを大変嬉しく思う。また、われわれのレース・チームはGT4レーサーも作成中だ。」とコメントしている。

右ハンドルのACコブラMkVIは、1月12日に行われるオートスポーツ・インターナショナル・ショーで公開予定だ。



▶ 海外ニュース / ACコブラ378を来年より生産

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像

×