フィアット500-60thが欧州で発表 ツートーン・カラーとレトロな装備に注目

公開 : 2017.03.29 12:50  更新 : 2017.06.01 00:25

フィアット500の60周年を祝う記念モデル、フィアット500-60thが欧州で発表されました。

フィアット500-60thが英国をはじめ、欧州で発表された。

英国には250台限定で導入されるこのモデルは、ロゴの変更、ツートーン・ペイント採用、専用アロイ・ホイールという特別装備が特徴だ。いずれもオリジナルの500にオマージュを捧げるレトロタッチ・デザインになっている。

また、懐かしのフィアット・バッジが採用されるほか、インテリアはレッド・ビニールで仕上げられ、それにマッチしたパイピングがなされている。

500Cだけに設定される500-60th

500-60thは、500のトップ・レンジを担うモデルで、エントリー・グレードは1.2ℓエンジンを搭載し、価格は£19,240(265万円)。トップ・グレードのリーバは£140(2万円)高という価格設定だ。

このモデルは、500Cのみに設定され、英国導入枠の先着60台については、シリアルプレートが搭載される。

なお、AUTOCARではオリジナルの500に敬意を払い、動画特集を作成したことがある。ご興味のある方は、以下のムービーをご覧頂きたい。


関連テーマ

 

人気記事