フォルクスワーゲンup!新型 5ナンバー維持 新機能「Composition Phone」を解説

2017.04.27

フォルクスワーゲンで最も小さいクルマ「up!」が新しくなりました。5ナンバーを維持、スマホをベースにしたインターフェース「Composition Phone」の採用、安全実用装備の充実がポイントです。158.7万円から。


フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、フォルクスワーゲンのもっとも小さなクルマ、「up!」を5年ぶりに刷新し、発売した。

モデルラインアップは、
move up! 2ドア

move up! 4ドア

high up! 4ドア

の全3グレードだ。


新旧スペック比較

上級グレートとなるhigh up!で新型と従来型を比較してみると、新型は
全長がプラス65mmの3610mm

車重がプラス30kgの950kg

これに応じて燃費5〜17%低下し22.0km/ℓ
となった。

装備面のトピックとして新型up!は、専用アプリによるスマートフォンとの連携を強化したインフォテインメント・システムを採用。

また、従来型に全車標準装備したシティエマージェンシー・ブレーキ(低速域追突回避・軽減ブレーキ)に加え、ニーズの高い安全・快適装備や内外装のデザインなどを刷新している。
 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事