2017年型ポルシェ911 GT3(991)に試乗 500psの4.0ℓ自然吸気 どう変わった?

公開 : 2017.04.27 22:49  更新 : 2017.05.29 19:03

いわゆる「後期型」ともいえる、ポルシェ911 GT3の試乗記です。マット・プライヤーは「今買うべき、最高のドライバーズカー」だと断言しています。刺激的な5ページをお楽しみください。

■どんなクルマ?

GT3、モデル・チェンジ前とどう変わった?

さて、2017年型ポルシェ911 GT3を楽しもう。

といっても、フロント? リア? どこから話をすればいいのだろう。外観はこれまでのGT3と大して変わらないのである。

まぁまずはフロントから。バンパーの形状が新しい。軽い素材とすることで、およそ1kg軽くなっているらしい。冷却効果も高まっている。

つぎにフロント・サス。実はわずかに固められている。高速域のスタビリティとステアリング・レスポンスを高める目的である。

一方、ホイールと、その内側のブレーキは従来と同じである。カーボン・ブレーキも用意されている(テスト車にも装着済み)。

ポルシェGTのボス、Andreas Preuningerは「サーキットをメインで走らせるならば、カーボンではないほうがいいですよ。交換が安価ですから」という。カーボン・ブレーキは£6,498(93万円)かかる。

 
最新試乗記

人気記事