トヨタ、10年前のSUVコンセプトを復活か

公開 : 2013.01.11 15:36  更新 : 2017.06.01 01:44

トヨタの社長、豊田章男は、10年前に発表されたトヨタRSCというスポーツ・クーペのコンセプト・モデルを復活させて、日産ジュークのライバルを造ることを考えている。

このトヨタRSCは、カリフォルニアに拠点をおくCALTYデザイン・スタジオで製作されたもので、2001年のシカゴ・モーターショーでデビューしたモデルだ。その当時は、あまり評価されていなかったが、日産ジュークの世界的な成功を見て、最近になって再びその評価があがってきているのだ。

もちろんこのRSCがそのまま生産されるわけではないが、ヤリスのプラットフォームを使ってジュークの直接的ライバルを造るか、あるいはオーリスのプラットフォームを使って日産ジュークよりも大きなリア・キャビンを持つクルマを造るかということを考えているらしい。そして、どちらのプラットフォームを使うにしろ、カリフォルニアでは人気の高いハイブリッドのオプションが用意される。

関連テーマ