アウディRS4/RS5に「カーボン・エディション」欧州で追加 最大80kg軽量に

公開 : 2017.09.27 17:10

登場したばかりのアウディRS4/RS5に「カーボン・エディション」が欧州で加わりました。CFRPの採用でRS4は-60kg、RS5は-80kgを達成しているのです。

CFRP採用でRS4は-60kg RS5は-80kg

アウディはデビューしたばかりのRS4とRS5に「カーボン・エディション」を設定。前者は60kg、後者は80kgの軽量を果たすことになる。

フロントスポイラーやサイドシル、ディフューザー、ドアミラーのカバーにはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)が用いられ、RS5にいたってはルーフとリアスポイラーもCFRPになる。


インテリアにも一部CFRPをはめ込む。ブラックのファインナッパレザー×レッドのステッチも目印になる。「アウディ・バーチャル・コックピット」は、ほかのRS同様に標準装備となる。

エクステリアは各種CFRPパーツのほかに、20インチの5本スポークホイール(標準は19インチ)や、マット加工のトリムなどが、標準と見分ける要素になるだろう。ホイールは、スーパースポーツモデルに施す特別な加工も施されているということがわかっている。1輪につき8kgのバネ下重量の低下にも貢献している。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事