アヴェンタドールS 2017年版に試乗 迫力は健在 時代を感じる部分も

公開 : 2017.09.28 11:40

どんな感じ?

迫力は健在 ただし気になる部分も

発表から6年以上が経った今でも、路上での存在感は秀でている。日常的な交通の中に置くと、ワイド&ローなプロポーションを持つアヴェンタドールはまるで地球外の乗り物のようだ。

座ってみたいという衝動にかられるキャビンからの視界が、想像以上に良いのに驚かされる。ステアリングも適切な角度に取り付けられているが、操作ダイヤルやインフォテインメント・ディスプレイのグラフィックスなどのデザインは、少し古く見えてしまう。

近年、ランボルギーニは快適なシート設計に関して、答えを見つけられないでいるようだ。キルティング加工されたレザーシートは、一見、それなりに快適そうに見えるのだが、包まれるような感覚ではなく、椅子の上に乗るような形で、長距離ドライブでは腰や首が痛くなる。固定式のバケットシートはより辛いかもしれない。

エンジンは非常に素晴らしく、始動時のノイズは想像しているほどの音量ではない。むしろアウディR8 V10の方が騒がしいほどだ。

スロットルを深く踏みこんだ時ですらキャビンに座っているとエンジンの咆哮はうるさすぎることはないのだが、音質はランボルギーニそのもの。右足に力を込めて回転数をレッドゾーンまで引っ張り、強烈な加速度を体感することは喜び以外の何ものでもない。

その一方で落胆する部分もある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×